メラトニンサプリに副作用はあるの?

 

眠気を誘い、
睡眠リズムを整える“メラトニン”。

 

ホルモン物質の一種で、
不眠対策のサプリメントにも配合されていますね。

 

ここではそんなメラトニンサプリの“副作用”について
詳しくお伝えしていきます。

 

 

メラトニンサプリに副作用はあるの?

 

サプリといえども体内に入るものですから、
やはり副作用は気になると思います。

 

メラトニンサプリは比較的
副作用が少ないサプリと言われていて、

 

重度の副作用が報告されたケースも
ほとんどありません。

 

ただ、体質に合わなかった場合や、
過剰に摂取してしまった場合には
次のような副作用が起きてしまう可能性も考えられます。

 

 

メラトニンサプリで考えられる副作用

 

吐き気や頭痛

 

これはメラトニンが体質に合わなかった場合に考えられる副作用です。
この他にも下痢や腹痛などが考えられます。

 

 

睡眠障害

 

眠りを誘うホルモンであるメラトニンの分泌は
夜多くなり、朝には徐々に減っていきます。

 

ですがサプリでメラトニンを過剰に摂取してしまった場合、
メラトニンが体に強く作用して、
朝起きた時や昼間の眠気が強くなることも考えられます。

 

また悪夢がひどくなるケースも。

 

 

メラトニン分泌機能の低下

 

メラトニンは、
昼間分泌された“セロトニン”というホルモンが
夜に分解されてつくられます。

 

これが私たち人間に備わった自然な機能です。

 

 

しかしサプリでメラトニンを摂取し続けた場合、
体や脳は“メラトニンをつくり分泌する”
という働きをしなくてもよくなります。

 

その結果、
メラトニンを分泌する体の機能が弱くなって、
サプリを止めたときに不眠を悪化させてしまう
ということが起こりやすくなるのです。

 

 

まとめ

 

メラトニンサプリは
副作用が少ないとされるサプリです。

 

ただし、
摂取量や服用する期間は、体や睡眠の状況を把握しながら
慎重に判断する必要があると言えます。

 

>>メラトニン 通販へもどる