メラトニンサプリと睡眠薬の違いは?併用はOK?

 

「メラトニンサプリと睡眠薬、
何が違うの?」
と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

 

効き目が強いか弱いかの
効果だけの違いだと思われがちですが、
実はそれ以外にも決定的に違う点があります。

 

どんな違いがあるのかを詳しく見ていきましょう!

 

 

メラトニンサプリと睡眠薬の違い

 

効果

 

眠りにつかせる効果は断然睡眠薬の方が上になります。

 

なぜなら睡眠薬は薬の成分で脳の神経を抑制し、
半ば強制的に眠りにつかせるためです。

 

眠るというよりも、
気づいたら意識がなくなっている
と言った方がいいかもしれません。

 

メラトニンという成分は
もともと眠りを誘うために体内で分泌されるホルモンの一種で、
ゆっくりと眠りを誘うのが特徴です。

 

体の機能に沿って眠気がくるように作られたのが
メラトニンサプリと言えます。

 

 

副作用

 

メラトニンはもともと体内で作られる物質のため、
副作用が起きにくくなっています。

 

一方、睡眠薬は効果が強い反面、
副作用が出やすい
という特徴があります。

 

睡眠薬にもいろいろな種類がありますが、
代表的な副作用には次の症状が挙げられます。

 

  • 目まい、ふらつき
  • 倦怠感
  • 食欲の低下
  • 頭痛
  • 発熱
  • 眠気
  • 精神不安定

 

使えば使うほどこれらの副作用が強くなっていくのも
睡眠薬の特徴です。

 

 

依存性

 

メラトニンサプリに依存性はありません。
止めたいと思ったときにすぐに止めることができます。

 

ですが睡眠薬には強い依存性があります。

 

止めたときに“離脱症状”と言って、
目まい、興奮、うつ、パニックといった症状が起きやすいのです。

 

睡眠薬がなかなか止められない人が多いのは、
こういった理由が挙げられます。

 

 

メラトニンサプリと睡眠薬の併用はOK?

 

サプリメントとはそもそも“健康食品”の一種です。
体に足りない栄養を補うものがサプリと呼ばれます。

 

メラトニンも体内で分泌されるもの。
食品などにも含まれています。

 

従って、睡眠薬と併用しても
それぞれの成分や効果を疎外することはなく、
問題はないと言えます。

 

>>メラトニン 通販はこちら