メラトニンサプリの効果が出るまでの時間と持続時間

 

この記事では、メラトニンをサプリとして摂取した場合の、
効果が発揮されるまでの時間と、持続時間をご紹介します。

 

 

効果が出るまでの時間

 

サプリメントに含まれるメラトニンの量は
1〜3rの場合が多いです。

 

メラトニンは、ホルンモンの一種なので基本的には体内で生成されています。
少量で効き目がある場合が多く、
0.1〜0.3rほどの少量で効果が確認できたという例もあるほどです。

 

このメラトニンを摂取する場合には、量も必要かもしれませんが、
実は量よりも時間の方が大切です。

 

というのも、メラトニンを飲んで効果が出るまでの時間は30分かかるからです。

 

ですから、就寝前の30分ほど前に摂取する事が効果を発揮させる必須条件です。

 

 

メラトニンサプリの持続時間は?

 

サプリなどの経口摂取する物は
摂取してから体内で分解されるまでの時間が非常に短いという特徴があります。
摂取してから1〜2時間ほどで分解されます。

 

メラトニンサプリは、最高血中濃度時間が30分ほどと短いですが、
半減期も30分ほどと短くなっています。

 

半減期へ入ると徐々に効果が薄れていきますので、
就寝の30分前に摂取した際には就寝後30分後から次第に効果が薄れ、
2時間30分後には効果が消えている
と言っていいでしょう。

 

ですから、夜中に目が覚めてしまった場合には再び寝るのが難しい場合があります。
(再度メラトニンを飲むのは過剰摂取につながるので、やめましょう。)

 

以上のように、
メラトニンサプリには睡眠導入効果はあっても、睡眠の持続という点では、
効果が期待できません。

 

>>メラトニン 通販へもどる