メラトニンサプリの効果が出るまでの時間と持続時間

 

この記事では、メラトニンをサプリとして摂取した場合の、
効果が発揮されるまでの時間と、持続時間をご紹介します。

 

 

寝る前よりももっと前

 

サプリメントに含まれるメラトニンの量は
1〜3rの場合が多いです。

 

メラトニンは、ホルンモンの一種なので基本的には体内で生成されている為、
少量で効き目がある場合が多く、
0.1〜0.3rほどの少量で効果が確認できたという例もあるほどです。

 

このメラトニンを摂取する場合には、量も必要かもしれませんが、
実は量よりも時間の方が大切で、
就寝前の30分ほど前に摂取する事が効果を発揮させる必須条件です。

 

これは、人間の体が突然寝るという体勢にはなれないという理由と、
メラトニンのサプリメントには睡眠薬の様な即効性が無いからなのです。

 

 

メラトニンサプリの持続時間は

 

メラトニンの分解速度はというと、サプリなどの経口的に摂取する物は
摂取してから体内で分解されるまでの時間が非常に短いという特徴があります。

 

その速さは、摂取してから1〜2時間ほどで分解されるのです。

 

その為、メラトニンサプリ最高血中濃度時間が30分ほどなのに対して、
半減期も30分ほどなのです。

 

半減期へ入ると徐々に効果が薄れていきますので、
就寝の30分前に摂取した際には就寝後30分後から次第に効果が薄れ、
摂取から2時間30分後には効果が消えている
と言っていいでしょう。

 

その為、メラトニンサプリには睡眠導入効果はあっても、睡眠の持続という点では、
効果が期待できないのです。

 

その為、夜中に目が覚めてしまった場合には再度睡眠する事が難しいなどの可能性がありますので、
寝むれないからといって更に摂取する事はしないようにしましょう。

 

>>メラトニン 通販へもどる